西郷隆盛の生い立ちと教え

西郷隆盛の人物像


西郷隆盛をひと言で表すなら  「強い信念と温かい心を持った人」

豊かな人間性で 藩を越えて多くの人に慕われた武士・軍人・政治家でした。

西郷隆盛

幕末の動乱期、
想いがぶつかり、世は混迷し、命を奪い合った時代に
なぜ 人間らしい温かい心で改革を進めることができたのだろう?!

 

[明治維新の立役者]

●生年月日: 文政10(1828)年1月23日
●死没: 明治10(1877)年9月24日 (満49歳) 鹿児島 城山にて自決

西郷隆盛は薩摩藩の下級藩士の長男として生まれました。
日本史に残る名君と名高い島津斉彬(しまづ なりあきら 島津第11代藩主)に才能を見出され、薩摩藩の農政、経済、軍事、教育の革新と成長に大きく貢献しました。

島津斉彬の供をして全国諸藩をめぐったことでできた幅広い人脈が西郷を大きく成長させます。

島津斉彬の死後は2度の流罪で表舞台から一時消えますが、復帰して薩長同盟王政復古を主導し、戊辰戦争では倒幕軍の総大将として維新の中心的存在となりました。
最終的に幕府軍を降伏させ、勝海舟との会談で江戸城無血開城を実現して明治維新を成し遂げます。

江戸城無血開城

大久保利通(薩摩藩)木戸孝允(長州藩) と並んで「維新の三傑」と称されています。

武士であり、軍人であり、政治家であり、そして後世語り継がれる教えを残したという点で思想家です。

 

[西郷隆盛の死とともに武士の世も終わる]

日本最後の内戦「西南戦争(西南の役)」で明治政府軍と戦い、自刃に追い込まれてこの世を去ります。

「おいが すべて抱いてもっていく」

西郷はこんな覚悟の言葉とともに西南戦争を戦い抜きます。

西郷の死とともに西南戦争は終わり、武士の世も終わりました。
それ以降、日本では日本人同士の戦争はありません。幕末から維新にかけて日本人が流した血と悲劇の種をすべて西郷があの世に抱いていってくれたのでしょう。

南洲翁終焉之地

明治維新の実現に貢献し、近代日本の基礎作りに多大な功績を残しながら、明治政府軍と戦い散っていったその悲劇的な最期が西郷隆盛をより印象深いものにしていったのです。

2003年に公開されたアメリカ映画「ラストサムライ」(トムクルーズ主演)に登場した士族・勝元(渡辺謙)のモデルは西郷隆盛です。勝元が死ぬシーンでは日本人の美徳が見事に描かれていて号泣しました(笑)。
→ 「ラストサムライ」ムービー紹介

 

[なぜ西郷隆盛は愛されるのか?]

今でも鹿児島では絶大な人気を誇ります。日本のために戦い、郷土のために尽くして死んでいった英雄です。

しかし、鹿児島以外でも西郷隆盛の銅像や足跡を見ることができます。

よく知るところでは、東京の上野公園にある「上野の西郷さん」と呼ばれる銅像あります。

西郷隆盛像

江戸城無血開城の印として造られました。
薩摩と江戸が築いた関係は、現在も続いており、鹿児島と東京が共同のイベントをおこなったりしています。

 

なぜ、西郷隆盛という人物は、藩を越えて、時代を越えて多くに人に愛されるのでしょう。
その理由が垣間見える出来事を紹介します。

西郷隆盛の遺訓集「西郷南洲翁遺訓」は明治22(1889)年に元庄内藩士たちが執筆したものです。

庄内藩は、東北戦争で奥羽列藩同盟の一員として西郷が指揮する倒幕軍と戦って破れた相手です。
また、戊辰戦争のきっかけとなった江戸の薩摩藩邸焼き討ちをおこなったのも庄内藩士です。

なぜ、敵として戦った庄内藩士たちが西郷隆盛の遺訓集を執筆することになったのでしょう。

 

薩摩

 

実は両者には、西郷隆盛による庄内藩への寛大な措置から始まった交流があったのです。

倒幕軍に敗れて降伏した庄内藩士は、薩摩藩邸焼き討ち事件や東北戦争における戦闘を咎められて厳しい処分が下されることを覚悟していましたが、予想に反して寛大な処置が施されました。
これが西郷隆盛の指示によるものだったことがわかると、西郷隆盛の名声は一気に庄内藩士たちに広まりました。

日本には敗者に対しても礼儀をもって接するという心があります。
東北戦争は西郷にとって、決して望んだ戦いではなかったと思います。最初から兵力の差が歴然とした大義の薄い戦いでしたが、幕末の大きな波の中で誰にも止めることのできなかった悲しい必然でした。
しかしながら、戦後に西郷が庄内藩に対して取った行動は日本人の「敗者に対する敬意」を示すものであり、もう日本人同士が戦ってはいけないという強い想いが感じられます。

西郷と庄内藩

西郷隆盛と菅臥牛(西郷南洲翁遺訓の編集者)  山形県酒田市南洲神社

 

西郷隆盛が、多くの藩士や浪人たち、そして幕臣たちと交流し、人徳を認められて慕われていたこと、
そして現在でも歴史上の偉人として愛されている理由、
それは「相手を思いやる心」と「信念を貫く行動力」ではないかと思います。

西郷が残した足跡、思想、遺訓を学ぶことで、
私たちも心豊かに人生を生きるヒントが得られると確信しています。

 

→ 西郷隆盛の一生をまとめました 「せごどん年表」





明治維新から150年

せごどんブログ

みんなのアンケート

みんなの質問箱

かごんまべんでごわす!

おすすめの本

鹿児島のホテル人気ランキング

寝てたら着くかごしま

鹿児島の日本一

facebook

Instagram

ユーザー名「japantribute」で
Instagramやってます!

全てのドラマを見る

薩摩のとりびゅーと物産展

イーサキングを応援しています