西郷隆盛の肖像画と銅像について

写真がないし、銅像も似ていない?


西郷隆盛は自分の写真はないと明治天皇に明言していますし、現在まで写真は発見されていません。

いつでも命を狙われる可能性があったので、自分の実態を公開したくないという理由もあったでしょう。名前を何度も変えていましたが、それも同じ理由があったと思います。

[ぎょろ目で迫力のある顔]
西郷隆盛といえば、ぎょろっとした目の丸顔で迫力のある

西郷隆盛

死後に西郷の顔だと言われる肖像画が多数描かれているが、基となった1枚の絵(エドアルド・キヨッソーネ作)は、西郷に顔が似ていたといわれる実弟の西郷従道の顔を下地に描かれた物である。もっとも、キヨッソーネ自身は西郷との面識が一切無かったことから、実際の顔とは違う可能性も高い。ただし妻の糸子は晩年に、西郷の肖像はまったく本人には似ていないと述懐している。また近年の研究で実際の西郷の耳は耳たぶが垂れたいわゆる福耳ではなく、平耳であったことが判明しており、実際の西郷にあって描かれた肖像画のいくつかは、明らかに平耳で描かれている。

 

[フルベッキ写真]
西郷が明治天皇、坂本龍馬、桂小五郎、勝海舟たちと写っているとされる集合写真(通称:フルベッキ写真)があります。
この写真が撮られたとされる頃、西郷はすでに肥満体形でしたので、その点でも写真の信憑性は低いと言わざるを得ませんが、面白い写真なので紹介します。

西郷隆盛
フルベッキ写真で西郷隆盛とされる人物

フルベッキ群像写真
フルベッキ写真(全体)

フルベッキ写真についてはこちらをご覧ください。
→ 幕末の志士たちが一堂に会したスゴイ写真がある!?

 

[西郷さんの銅像]
上野の西郷さん、鹿児島の軍服姿、同じく鹿児島市溝辺町の銅像が有名です。

【1】 まずは上野の西郷さん。東京都台東区の上野公園に建っている最も有名な西郷像です。
身長は3m70cm。連れているのは愛犬の「ツン」です。

「上野の西郷さん」として親しまれており、今でも東京の観光スポットとして有名です。

西郷隆盛像

でもこの西郷さん、ちょっと頭デカクね~?
西郷さんの体は全体的にバランスがよくてカッコイイと思ってたんですけど・・・。

ということで調べてみますと、これは下から見上げた時にちょうどよく見えるように作られてるそうです。
だから、正面からの写真では頭がデカくて当たり前ということです。
いや~、これは納得です。というか、聞いてホッとしました。

で、問題の顔ですが、どうも本人に似ていないようです。

西郷隆盛像

西郷さんが死んで21年後の明治31(1898)年に除幕式が行われましたが、この時に銅像を見た西郷夫人の糸子さんが、「うちの主人はこんな人じゃなかったよ~」とぶっ飛んだそうです。

え~、除幕式当日まで奥さんにも銅像はシークレットだったのか?と、私もぶっ飛びました(笑)。

きっと大変な除幕式だったことでしょう。

【2】【3】
ただいま編集中です。

 

最後に糸子さ~ん、
どれも「似てない」っておっしゃってるようなんで、似顔絵描いてくれたら助かるんですけど~。





明治維新から150年

せごどんブログ

みんなのアンケート

みんなの質問箱

かごんまべんでごわす!

おすすめの本

鹿児島のホテル人気ランキング

寝てたら着くかごしま

鹿児島の日本一

facebook

Instagram

ユーザー名「japantribute」で
Instagramやってます!

全てのドラマを見る

薩摩のとりびゅーと物産展

イーサキングを応援しています