鹿児島の「日本一」を集めました! | 西郷隆盛とりびゅーと|せごどんのお湯割り

鹿児島の「日本一」を集めました!


鹿児島には 日本一が たくさんあっど~! 

美味しくて、 楽しくて、 かごんまは やめられんが!

 

まずは全国で有名な「かごしまの黒豚」です。

黒豚

鹿児島県の豚飼養頭数は138万5千頭で日本一です。
※平成19年農林水産省「畜産統計」より

ボブ
皆さんよくご存知ですよね~。

上質な脂身で肉質がやわらかく、臭みがなくてさっぱりとした美味しさが特徴です。

美味しさの秘密は・・・、
さつまいもを10~20%配合した飼料を60日以上与えるなど厳しい基準のもとに育てられていることです。
口の中でとろけるような旨さを、どんどんご賞味ください!

 

 

続いて黒毛和牛です。

黒毛和牛

鹿児島県の肉用牛(黒毛和種)飼養頭数は32万5千頭で日本一。
※平成19年農林水産省「畜産統計」より

「鹿児島黒牛」というブランドです。

鹿児島の大自然でのびのび育った牛は、
きめがこまかくて柔らかい肉質とバランスのよい霜降りが特長です。

丹精込めて育てられてこそ生まれる、深い味わいに思わず納得していまいます。

関西の美味しい焼肉屋さんでどこの牛か聞いてみると「鹿児島産です」という答えによく出会います。

 

 

なんと、鶏肉も日本一です。

ブロイラー

鹿児島県のブロイラー飼養頭数は1870万7千羽で日本一。
※平成19年農林水産省「畜産統計」より

鹿児島ってお肉の三冠王なんですね。

 

ちなみに、鹿児島には「黒さつま鶏」っていう地鶏のブランドがあります。

天然記念物の「薩摩鶏」をもとに開発されました。
鶏肉本来の風味やうまみが持ち味で、きめ細かな肉質が特徴です。
2005年の「地鶏・銘柄鶏食味コンテスト」で堂々の第一位に輝いた、まさに日本一の味です。

 

 

 

続いて海の幸へまいります~。

こちらもぞくぞくと日本一が!

ブリの養殖生産量  28,830 t (日本一)
 ※平成17年  農林水産省「漁業・養殖業生産統計」より

カンパチの養殖生産量  30,697 t (日本一)
 ※平成17年 農林水産省「漁業・養殖業生産統計」より

クロマグロの養殖生産量  2,000 t (日本一)
 ※平成17年 水産省ホームページ「マグロに関する情報」より

うなぎの養殖生産量  7,412 t (日本一)
 ※平成17年 農林水産省「漁業・養殖業生産統計」より

鮮魚

ボブ
だから鹿児島の魚料理はおいしいんですね~♪

 

 

農産物です~。

さつまいも収穫量  401,400 t (日本一)
※平成18年 農林水産省「作物統計」より

これは絶対に「2位ではダメなんです!」

サツマイモ

さつまいもは、約300年前に琉球から伝わりました。
今や黒豚の飼料など、鹿児島の食の発展に大きく貢献しています。

 

そらまめ収穫量  5,550 t (日本一)
※平成18年 農林水産省「野菜出産出荷統計」より

やや地味めなところもちゃんと日本一おさえてます。

そら豆

 

 

 

世界も認めた!? 鹿児島の野菜たち

鹿児島には、日本というものさしだけでははかれない世界一がいます!

まずは・・・

「世界で最も重たい大根」

「桜島大根」です~。

 ●直径 20~30cm
 ●重さ 10~20kg
にもなる桜島大根は、その名の通り桜島で栽培されています。
平成15年に生産された31.1kgの大根がギネス登録されました。

 が、 そのギネス越えの「35kg!の桜島大根」の映像を発見!

 

 

ん?! でかけりゃいいってもんんじゃないって?

そう言っているのは 同じ桜島の人たちではないですか。

次は 「世界一小さなみかん」 !

その名も 「桜島小みかん」です~。
小さい! 女性の小さな手のひらでもすっぽりおさまってしまいます。

桜島小みかん

 

ハサミ入れ式の様子をご紹介します。

 

小さいからって侮ってはいけませんよ。

この小みかん、ムッチャ 甘くて おいしいんです~~~~~~~~~~!!!

火山灰土壌で稲作に適さない桜島において重要な名産品の一つとなっています。
樹齢200年以上の大木もあり、1本の木から数百kgが収穫されることもあります。
12月上旬に熟して、重さ20 – 50gという小さい体の中に強~い甘味がつまっています。

小さいのから巨大なのまで、恐るべし 桜島の農産パワー!

 

 

ボブ
どうです?
ここまでで、鹿児島が日本の食卓に欠かせない存在だということはわかっていただけたでしょうか?

ただここでもう一つ、楽しい人生に欠かせないものを忘れてますよね。

 

そうです。お酒です~。

鹿児島は焼酎の生産量も日本一。

 

鹿児島県産のさつまいもと水にこだわり、県内で製造された本格焼酎のみを「薩摩焼酎」として、
ワインのボルドーやウイスキーのスコッチのような世界ブランドを目指しています。

薩摩焼酎

鹿児島には多くの蔵元があり、プレミアム焼酎と呼ばれる人気銘柄も多数あります。
中には「森伊蔵」のように、 幻の焼酎 とよばれる焼酎もありますよね~。

今夜も薩摩焼酎で一杯やってくださいね。

 

 

以上が鹿児島の「日本一」です。
ページが長~くなってしまいましたので、
「日本初」は別のページにしました。

こちらも面白いのでぜひご覧ください。 → 鹿児島の「日本初」はこれだ!





明治維新から150年

せごどんブログ

みんなのアンケート

みんなの質問箱

かごんまべんでごわす!

おすすめの本

鹿児島のホテル人気ランキング

寝てたら着くかごしま

鹿児島の日本一

facebook

Instagram

ユーザー名「japantribute」で
Instagramやってます!

全てのドラマを見る

薩摩のとりびゅーと物産展

イーサキングを応援しています